ナイスミドル プロジェクト

自分の欲望を達成する為のブログ!ナイスミドル=ステキな中年を目指します。

思い出のパレハ② SRV250

こんばんは、シャンパンクです。

さて、過去のバイクネタが続きます。


CBX125カスタムは遊びから学校、バイト先まで、乗らない日はまず無い程ワタシの行く先へ行動を共にしておりました。

ヴィンテージ感丸出しのボロさももはやステータスのひとつです。

若干ピンクナンバーが気になるところではありましたが…


この頃のワタシはバイクを手にしてからも、ずっとバイク雑誌に目を通していました。

純粋にこの世にどんなバイクが存在するのか知りたかったのです。

ヴィンテージ、もしくはクラシカルバイクでどハマりする存在を目にしたらそれを目標に計画的に貯金しようとも思っていました。


ある日の専門学校の課外授業先からの帰り道、目に留まったバイク屋さんにふらっと入ってみました。

そこには…❗️

ワインレッドに輝くSRVが‼️

ワタシの心にヴィンテージ、クラシカルに続き『レトロ』という3つ目のパズルがはまった瞬間です。

これ以降ワタシのバイク趣向はこの3つのワードに支配されてゆくのです。


SRVを目にしたワタシは完全に一目惚れでした。

排気量も250cc。これでようやく本当の中免小僧になれます。


しかしCBX125カスタムに乗り始めてまだ2ヶ月…

そんなに早い乗換えは考えてもいないですし貯金はまだ始めてもいない…


それでもその場を離れることが出来ずに1時間弱SRVだけを見ていたのではないでしょうか、

まだ買えないのに笑


前回と違い、今回はキチンとしたバイク屋さんなので乗り出し価格や納車までの期間、ローンについてまで詳しく話しも聞けました。

まだ買わないのに笑


とにかく一瞬にしてSRV250にどハマりでした。

鉄を感じさせるタンクはニーグリップ部分がえぐられており、どこから見ても美しい流線型。

色は今ではなかなかお目にかかれないラメ入りワインレッド。

エキゾーストの湾曲にエキゾーストガードまでが美しく、マフラーは2本出し。

家に帰ってもあの美しさが忘れられず…


次の日ハンコ押しに行ってました笑笑


そして約1週間の時間を経てワタシはようやく中免小僧としてデビュー出来たのでした。

CBX125カスタムはというと、そのバイク屋さんにそのまま引き取って頂きました。

本当に短い間でしたが、CBX125カスタムに出会えて良かったと思います。


新たに手に入れたSRVですがVツインエンジンからはエキサイティングな振動を体感できます。

大げさですが長時間グリップを握っているとジワ〜っと手のひらが痺れてくる感覚が。

120km/hを超えてくるとSRVの車体的に無理があるようで、大きくエンジンを回した時の振動は半端じゃありません❗️

揺れの凄さにミラーが見えません笑

そして27馬力のパワーだけあって今まで2速で登っていた坂道も3速で難なく登り切ってしまうパワーに驚愕したものです。

ひっぱってひっぱって速度を伸ばすと2人乗りでも135km/h近くは出た記憶があります。

振動ガッタガタで今にもぶっ飛びそうな気分でしたが笑


そしてワタシはこのSRVに『NEKO BED』と名付け、残りの短い青春を共にしたのでした。


ちなみに名前は、近所の野良猫が(いつも同じ猫💢)ワタシの隙をついてはシートの上で昼寝をしていたことが由来となっています。

タンクも傷つけられましたし頭にくるエピソードですが名前は気に入っています笑


当時はデジカメを持っておらず、写真をアップ出来ないのが残念です。

本当に美しいバイクなのですが。


それではまた( ^_^)/~~~